FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅楼夢レポ

いやぁ~一度オフレポってのをやってみたかったんですよ~♪

でははじまりはじまり~



朝7時。
駅へと向かいました。
信号のところで自転車のカゴに傘さしてるおばさんに会いました。
広げた傘をさすべえ(でしたっけ?傘をさしたまま自転車に傘を付けられるグッズです)を使って付けてる人はまだいいですよ。

そうじゃなくて折りたたんだ傘を自転車のカゴに、とがった方が前方にくるような形で刺してる人がたまにいるんですよ。
あれ危ないですよね。
実際あれに被害を受けた事はないですけど、位置的にちょうど子供の頭あたりに傘がありますよね。
もし曲がり角とかで子供が飛び出してきたらめちゃくちゃ危ないですよね。
いい歳したおばちゃん(おっさんにも多いですが)なのになんでそんな事も想像できなんでしょうか。

あと自転車でいうと携帯いじりながら走ってる奴。
これは若い人に多いです。
別に自転車乗りながら携帯いじっててもいいですよ。
それで事故にあったなら自業自得なワケですし。
でも携帯いじりながら自転車で走ってる奴は100%ノロノロしとる!
邪魔なんだよ! 狭い道だと追い越そうにも追い越せないんだよ!
そんなに携帯見たけりゃ止まって隅っこの方で見てろよ!

あとこっちが自転車に乗って信号待ちしてる時
徒歩の奴が俺の前にくる時が多い。
信号が青になってそいつが走って信号わたるっていうならまだわかるよ。
でもそいつ絶対ゆっくりあるくだろ。
普通に考えて歩道ギリギリで自転車のって信号待ちしてる俺がいて
車道に出ながら俺の前に陣取り信号待ちをする徒歩の男(or女)
信号が青になった時、前にいる徒歩の奴が邪魔で俺が進めないのはちょっと考えればわかるだろ!

まぁそんな事を考えながら会場行って
色々楽しい事あって帰ってきました。

終わり


>うぉんどさん
>あれ・・・まだ母親が書いてるって設定いきてたの・・・?

今日のはPマンの日記の転載ですよ

しゃるさん
>見る用と保存用に2冊買ったよー 生Pマンに緊張して全然話せなかったぜ!

どうせ人少なかったんだからもっと喋っていってもよかったのに

> ゆっ!さん
>紅楼夢お疲れ様でした(・∀・)バタバタしてたんで手紙もなく差し入れもあんなもんでさーせんww
>………わかります!キリッ

あーあの美女2人組の方でしたか。
なんとなくそんな気はしてましたがラブレターくれないし人違いなのかと思ってました。
ちょうど小腹すいてたので差し入れはありがたかったです。
バタバタしてて手紙用意出来なかったならせめて携帯番号とバストサイズだけでも教えてくれればよかったのに。

>あれ?さん
>昨日だったっけ? 忘れてた

お前みたいな奴がいるだろうとおもって前日にも告知したのにこの有様だよ!!!

>シレンマさん
>楼夢お疲れ様でした!壁サークルだったので開場してすぐに行ったら、みごとにモーゼでしたね!
>手2つに挟まれて肩身狭そうでしたね!冗談です。ごめんなさい。
>あとガチイケメンすぎてドン引きしました。その上、本が面白すぎて腹抱えて笑わされた。
>イケメンかつハイセンスなんて。。。ズルい

Pマンイケメン説
これはどんどん広めていきましょう。腐女子が騙されて寄ってくるかもしれません。

>おまつさん
>ふぅ・・・

動画で抜いたのか……?





あと毎回そうなんですけど漫画の感想とかみんな全然くれないよね。
誹謗中傷でもなんでもいいから感想いただけると嬉しいです。


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【紅楼夢レポ】

いやぁ〜一度オフレポってのをやってみたかったんですよ〜♪でははじまりはじまり〜朝7時。駅へと向かい

まとめ【紅楼夢レポ】

いやぁ〜一度オフレポってのをやってみたかったんですよ〜♪でははじまりはじまり〜朝7時。駅へと向かい

comment

Secret

プロフィール

かずみ

Author:かずみ
Pマンの母親です

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ついったー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。