FC2ブログ

Pマンと柊姉妹

8月28日
気がつくと、俺はスク水姿のかがみんを後ろから抱きしめ乳を揉んでいた。
声を殺して悶えるかがみんはクルリと回転して俺を合体した。
しかし行為の最中、俺の"モノ"は萎えてしまったのだ。
それもそのはず、今日はつかさがこの家に遊びに来る日だったのだ。
俺はつかさという彼女がいながら成り行きでかがみんとHな事をしてしまった。
罪悪感を感じ、萎えてしまったそれをかがみんは「また次がんばろうね」と優しく励ましてくれた。
俺は更なる罪悪感を感じながらもかがみんにシャワーを浴びてくるように言った。

そうこうしている間につかさを迎えに行く時間になってしまった。
俺はかがみんに「ごめん、そういえば今日はこれから友達と遊ぶ約束をしてたんだ」と言って
つかさと待ち合わせをしている最寄の駅に向かった。

俺はつかさを愛している。でもかがみんも愛している。どちらも大好きなんだ。こればっかりはどうしようもない。
そう思いながら自転車をこいでいると重力が逆転して俺は空に落ちていった。

ここで目が覚めた。
いやぁ、夢の中でもモテモテで困っちゃうZE☆

                                 (─ Pマン夢日記ノートより抜粋 ─)





童貞の妄想力って凄いですね。
プロフィール

かずみ

Author:かずみ
Pマンの母親です

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ついったー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター